秋の青い空に
 今年のノーベル物理学賞は、真鍋淑郎氏に授与された。その功績は気候変動の予測であり、現在の地球温暖化予測の礎えであると、研究者たちから歓喜のメッセージがあった。齢90歳にして、今も研究を続行されておられる御姿が壮健で眩しく感じられた。そして私の胸もドキドキして、喜びに沸いた。かつて文系を専攻していたが、気候の理系分野を一寸履修した経験があり、あの熱い青年時代を思い出していた。

Photo Albums

2021年11月
例会
2021年10月
例会
2021年9月
例会
書庫